てとて社について

「本当なら、自分が一緒にいてあげたい」。

大切な我が子をベビーシッターにお預けされる方々は、きっと誰もが同じような思いを感じながらも、様々な事情でしかたなくお子さまを預けておられることと存じます。

てとて社では、お子さまをお預かりするにあたっては、できる限りご家族のような気持ちで接することを心がけています。

お母さんのようにお子さまと一緒に笑い、お祖父さんのようにお子さまと一緒に遊び、ご兄弟のように仲良く勉強をし、お祖母さんのように家の家事を手助けし、時にはお父さんのように毅然とした態度でお子さまを叱ったり。

そのうえで、さらに育児のプロとしての経験から、お子さまの様子を観察して、今日一日をどんな風に過ごしたか、なにか気になるようにことはなかったか、という大切なお子さまのその日の様子をご家族にご報告いたします。

ーお子さまだけでなく、ご家族にとっても安心して頼れるベビーシッターであることー。それが「てとて社」の方針です。